セッション

3F会場 / MINI SESSION

11:10~11:30

株式会社アグレックス

ライフサイクル・サポート for IBM i IBM iを使い続けたい!をサポートします

ビジネス部門からの改善要求、ニューノーマルな変化への追随、 DX推進も実施したいものの、人的リソースもアイデアも不足していませんか。アグレックスではToolboxシリーズはじめ様々な製品、IBMiの保守・運用サービスをご用意しております。

11:40~12:00

株式会社ヴィンクス

IBMi対応!異種DBへのデータ連携で業務データを活用!

業務データの活用、データ連携にお困りではございませんか?異なるDBや別のマシンへの複製等、お客様が抱えるデータ連携の課題に対してVI-DBLinksが実現するリアルタイムレプリケーション機能による解決方法について製品デモを交えて紹介します。

12:10~12:30

株式会社オムニサイエンス

オンプレのAS/400から、クラウドのPVSへ!

オンプレと同等スペックでコスト比較していませんか?
「PVS One」は、IBM純正のパブリッククラウド IBM Power Virtual Server へのIBM i ワークロードコスト最適化、移行支援、構築・運用監視から請求代行まで総合的に支援します。

14:20~14:40

ユーザックシステム株式会社

最新「電帳法」対応術。EDIデータ自動保存サービスご紹介

当社ブースでは、EDIやWebEDI、メールなどによる各受注情報を統合管理可能なソリューションと、各電子取引データを改正電帳法の制度要件を満たした状態でクラウド上に保管する、新しいクラウドサービスをご紹介します。当社は受注業務のDXを強力にご支援します。

14:50~15:10

三和コムテック株式会社

IBMi運用自動化に適したRPAとIFSのランサムウェア対策

ExcelやWeb業務の自動化で便利なRPAは通常5250画面の操作が苦手。しかし三和コムテックのRPA製品:AutoMate(オートメイト)は容易に安定稼働する自動化を実現します。さらにIBMi環境でも昨今話題のランサムウェア対策の新製品もご紹介。

15:20~15:40

株式会社イグアス

電帳法対応契約管理ソリューションOPTiM Contract

OPTiM Contractは、AIが契約書データから管理項目を抽出し自動登録することで管理工数を削減する契約書管理サービスです。
契約書のスキャンデータだけでなく、電子契約サービスからの契約書データ取込み・保管にも対応しています。

15:50~16:10

株式会社第一コンピュータリソース

IBMi DX診断解析サービス on IBM PVS のご紹介

IBM Power Systems Virtual Server(PVS)上で現行システムに影響無くDXの検証ができる支援サービスです。アプリケーション資産の診断結果をご提供後、お客様自身で簡単且つ強力なツールで詳細解析を行い、試したいDX手法を技術検証できます。

16:20~16:40

株式会社ICSパートナ-ズ

各社の対応状況は?アンケート結果から紐解く、電子帳簿保存法活用セミナー

改正電子帳簿保存法の宥恕期間も残すところ後1年。独自に行った各社の対応状況についてのアンケート結果を基に、それぞれの対応方法やツールでの運用のポイントをご紹介し、電帳法対応を経理部門の生産性向上につなげて頂くためのセミナーです。

16:50~17:10

株式会社クライム

オンプレでもクラウドでも、データ連携自由自在

オンプレからクラウドへ、そのデータ連携のソリューションを各種紹介します。また逆のクラウドからオンプレへの連携も紹介します。

4F会場 / SPECIAL TALK LIVE/PANEL DISCUSSION

11:15~12:00

講師 税理士法人カインズ
税理士 北秋勝己氏

インボイス制度(適格請求書保存方式)及び電子帳簿保存法について

今一番の問題で有るインボイス制度及び電子帳簿保存法について
税務・経理のプロから分かりやすく解説をさせて頂きます。

13:00~14:00

講師 ミスタータイガース掛布雅之氏

わが野球人生

言わずと知れた「ミスタータイガース」
でも今までの栄光は惜しまない影の努力が支えとなって築き上げたものです。
ミスタータイガースのお話をお聞き頂き、明日への第一歩となる勇気の手助けになればと思います。
一時間たっぷりとお楽しみ下さい。

15:00~15:45

「IBM i と業務変革」~IBM i 利用ユーザーによるパネルディスカッション~

多くの企業が直面しているデジタル化、業務効率化の課題に対して、IBM i を利用している企業では、それをどのように捉え、解決しようとしているのでしょうか。この興味深いテーマについて業務変革に取り組む企業3社をお招きし、パネルディスカッションを通じてIBM i 利用ユーザーの実態に迫ります。
今回はベル・データ株式会社パワーシステムエバンジェリストの安井 賢克氏がファシリテーターとなり、エム・シーシー食品株式会社の石川 真法氏、株式会社フェリシモの山下 直也氏、株式会社JRC長村 恵資氏と共に、これからの業務変革の進め方を探ります。

TOPへ戻る