ユーオスグループロゴ

基幹系からWEB系、開発からパッケージ提供など各種サービスのソリューションを提供する「ユーオス・グループ」

理事長挨拶Greeting

ご挨拶

ユーオス・グループは、今年度2022年に設立40周年を迎えることができました。 これは、諸先輩方のご努力と、会員各社の活動への積極的なご参加の賜物と感謝いたします。

理事長 中村 哲

「勇往邁進」

ユーオス・グループ 理事長
中村 哲

40周年の今年は、ユーオス・グループの揺るぎない前進のため「勇往邁進」をスローガンとして掲げました。


直近の2年間はCOVID-19に翻弄され、UOSの活動も本部のみならず各支部も大きな制約を受けました。
昨年度もオンラインでの会議が続く中にあって、幸いにも春に名古屋で理事会を開催することができました。
改めて"Face to face(F2F)"の良さを漠然と実感する中で、信頼関係は五感の体験を通して培われるのではないか?という気付きがありました。
また、イベントの開催形態の議論を振り返ってみると、最初は「とりあえず中止」、中盤は「どうすべきか」、最近では「どうしたらF2Fを実現できるのか」と変化してきました。
関西支部のご努力もあり、その過程で実現したのが昨年度の和歌山コンファレンスでした。

ユーオスの40年の歩みの中で、この五感による信頼関係の醸成はユーオスが前進するための最も重要なコンセプトの一つであり、今年も取り組んで参りたいと思います。

COVID-19、SDGs、派生する物不足、経済の混乱、国際関係の複雑化など取り組むべき課題に枚挙のいとまがない一方で、ITの利用が課題解決に役立つ場面は増える一方です。しかし、言い古されてことですがITの利用は目的ではなく、あくまでも課題解決の手段であるこということです。
お客様の真の課題を掘り下げ、流行り廃りだけではない課題解決に向けて最適なITの利用をサポートするユーオス・グループであり続けたいと考えます。

ユーオス・グループはITや会社の事業そのものではありません。一見競合する会社が一同に会することで、日常の業務から離れて情報や意見を交換できる場です。
ユーオスの活動に参加することで、日々の仕事に追われ手を付け難い問題・課題、緊急度が低くても重要なテーマを、いつも思い出させてくれます。
その意味で、ユーオスは非日常の場所であることも40年間変わりありません。
「非日常が会社の日常を豊かにする」、この価値をより多くの皆様と享受して行きたいと考えます。

ユーオスがこれからも会員の皆様にとって魅力のあるグループであると同時に、日本の企業のベストITパートナー集団を目指し努力いたしますので、今後とも皆様のご支援を賜りたくよろしくお願いいたします。

2022年2月吉日 理事長 中村 哲

ページの先頭へ戻る